2018.12.10

進撃のアヤックス。メガクラブが狙う生きのいい若手がぐんぐん成長中

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.48

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。連載一覧はこちら>>

――すでにチャンピオンズリーグのグループステージ突破を決めているチームの中には、久しぶりに決勝トーナメントに駒を進めたオランダの名門アヤックスがいます。長年アヤックスを見続けている倉敷さんはとくに感慨深いものがあると思いますので、ぜひ今回はアヤックスについて掘り下げていただきたいと思います。

CLで決勝トーナメント進出を決めたアヤックス小澤 アヤックスがグループステージを突破したのは13シーズンぶりのことです。アヤックスは倉敷さんにとっての心のクラブですから、まずはこの快挙について倉敷さんがどのように感じているのか聞かせて下さい。

倉敷 国内ではフランク・デ・ブール監督の時代に2010-11シーズンから4連覇を達成しましたが、その後は4シーズン連続2位と、たいていPSVの後塵を拝しているんです。今シーズンのPSV戦も3-0の完敗とまったく歯が立ちませんでしたが、なぜかチャンピオンズリーグでは立場が逆転しました。アヤックスはグループステージを突破、対してPSVはグループBの最下位。もちろん対戦相手は違いますがこの明暗は意外でしたね。

 ただ、アヤックスの突破に驚きはありません。ヨーロッパの移籍マーケットでビッグクラブが注目する優秀なタレントが何人もいるからです。とくにセンターバックのマタイス・デ・リフトと中盤のフレンキー・デ・ヨングの2人が注目株で、昨季から主力がチームに残ってくれたら今シーズンはかなり期待できると思っていました。

 デ・リフトは、早咲きゆえに代表デビュー戦では忘れてしまいたいような苦い経験もしたのですが、失敗も良き経験値に置き換え、19歳ながらとても落ち着いたプレーを見せています。21歳のデ・ヨングはヴィレムⅡからアヤックスに加入した選手で、ヴィレムⅡとアヤックスの関係が非常によかったためにアヤックスがわずか1ユーロで譲ってもらったという逸話がある選手です。

 ひいき目で言いますけど、デ・ヨングはおそらくバルサに入ってもすぐに中盤をやれるレベルだと思います。彼とアルトゥールがいたらバルサの中盤の未来は大丈夫。ポジティブなメンタリティーは高く評価されていますし、セルジ・ロベルトに匹敵するユーティリティ性もあります。中盤のみならずサイドバックもセンターバックもこなせる相当にいい選手だと思います。