2018.10.29

柴崎岳、乾貴士の苦しい現状。
またも「日本人対決」は実現せず

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 リーガ・エスパニョーラ第10節。ピッチ上での日本人2人の対面は、試合前のアップでしか実現しなかった。

 カンプ・ノウでバルセロナとレアル・マドリードが対戦した10月28日。マドリードでは柴崎岳のヘタフェと乾貴士のベティスが、アジアのファンに向けての一戦と言わんばかりの現地時間12時(日本時間20時)キックオフで戦った。

試合前に話し合う乾貴士(ベティス)と柴崎岳(ヘタフェ) ヨーロッパリーグでミランと木曜日に対決したベティスは、金曜日にスペインに帰国。1日調整しただけで、この日一番の早い時間での試合となれば、コンディションを整えるのに苦労するのは明らかだった。もしこの試合がもう少し遅い時間に開催されていたら、違う結果になっていたかもしれない。

 試合にはそんな準備状態を含めて、両チームの色がよく出ていた。ハードかつタフな守備を見せるヘタフェは、アウェーチームにチャンスらしいチャンスを作らせず、後半に2点を奪った。ポゼッションは70%を超えることがあるものの、リーガ最少の5得点と決定力に問題を抱えるベティスに対して、2対0と勝利した。

 今回で3度目となる柴崎と乾の”日本人対決”。1度目のヘタフェ対エイバル(2017‐18シーズン)では、乾が先発して63分までプレーしたが、ベンチスタートの柴崎が出場したのは74分。わずかな時間差でピッチに両選手が立つことはなかった。また、同じシーズンの2度目のエイバル対ヘタフェは2人とも出番がなく、ここまで対決は実現していない。

 この日、コリセウム・アルフォンソ・ペレスには、柴崎と乾のプレーを観戦しようといつも以上の日本人ファンの姿があったが、結局、日本人選手がユニホームで躍動する姿を見ることはできなかった。