2018.08.28

全員代表クラス。レアル・マドリードを
悩ます「GK多すぎ問題」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

 2018-19シーズン、レアル・マドリードのゴールマウスは、開幕節ヘタフェ戦、第2節ジローナ戦と、昨シーズン同様、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスが守っている。結果は2連勝と盤石のスタート。欧州チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者であるナバスは、不動の地位を築いているかに見える。

 しかし、欧州王者に挑み続けるチームはナバスに満足していない。

開幕からレアル・マドリードのゴールを守っているケイロル・ナバス レアル・マドリードは昨シーズン途中、スペイン代表の新鋭GKケパ・アリサバラガ(現チェルシー)に熱烈オファー。内諾を得たものの、ジネディーヌ・ジダン監督の「補強は必要ない」のひと言で、交渉は打ち切られた。

 意気に感じたナバスは、神がかった反射神経と勘のよさでファインセーブを連発した。これがCL3連覇につながったわけで、「ジダンならではの選手マネジメントだった」といえるだろう。

 ところがそのジダンは、シーズン終了後、突然、監督を辞任。クラブは間髪を入れずに動いた。ロシアワールドカップでベストGKに選ばれたベルギー代表ティボー・クルトワを獲得したのだ。

「マドリードで自分の仕事をするだけ」

 ナバスは気丈にそう言って、残留する決意を示している。そんなGKのポジション争いに、「欧州王者レアル・マドリードの実像」が見える。

 レアル・マドリードにおいて、フロレンティーノ・ペレス会長の存在は絶対的だ。