2018.07.17

また決勝で涙も、不屈の「スーパーマリオ」
マンジュキッチの闘志は衰えず

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 高須力●写真 photo by Takasu Tsutomu

 7月15日、ルジニキスタジアム。雷鳴が鳴り響く後半24分だった。

 ロシアW杯決勝で、クロアチアはフランスに1-4とリードされ、絶体絶命の窮地に立たされていた。このレベルにおいて、3点差をひっくり返すというのは不可能に近い。しかも、チームは決勝トーナメントに入って3試合連続で延長戦を戦っている。蓄積した疲労もあって、全員の足が止まりかけていた。

 ところが、17番を背負ったFWマリオ・マンジュキッチは、敵ボールホルダーに向かって、なにごとか決意したかのように走り出した。まずはセンターラインでプレスに行き、ボールをGKまで下げさせると、それをさらに猛追、50m近くを全力で走った。GKが不用意なフェイントを使ってかわそうとしたところだった。彼はその方向を読んで右足を投げ出すと、ボールにコツリと当て、そのままゴールに入れた。

 美しさがあったわけではない。ほとんど闘志だけで決めた得点だった。そのボールをすかさず胸に抱えながら、マンジュキッチはセンターサークルに急いでいる。

ロシアW杯決勝でフランスに敗れ涙をのんだマリオ・マンジュキッチ しかし、スコアはこれ以上、動かなかった。

 試合終了の笛が鳴って、クロアチアは2-4というゲームの敗者になった。マンジュキッチは苦々しげに唇を噛んでいた。W杯の決勝のピッチに立つのは栄誉である一方、そこで負けることには、計り知れない悔しさと喪失感がある。

「決勝で涙する男」

 実は、彼にはいつしかそんな、ありがたくない称号が授けられるようになっていた。

 2014-15シーズンのアトレティコ・マドリード、2016―17シーズン、ユベントス。どちらもマンジュキッチの活躍のおかげで、チームはチャンピオンズリーグ決勝に進出している。しかし、いずれも優勝できていない。