2018.06.17

クリスティアーノ・ロナウドの
「変心」で、ポルトガルの急浮上あるぞ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 ポルトガルのフェルナンド・サントス監督も、ゲデスについて守備では課題を指摘しつつも、「攻撃面で可能性を秘めた選手」と潜在能力を高く評価する。変心したC・ロナウドとともに、今後もチャンスを量産するようなら、今大会でのブレイクも十分にありうる。

「大事なのは、肉体的なことより、精神的なこと。クリスティアーノは、信じられないほどの精神的な強さを備えている」

 指揮官はそう語り、チームの大黒柱を絶賛しつつ、その一方で「クリスティアーノ、クリスティアーノ、クリスティアーノ。みんな、クリスティアーノの話ばかりだな」と、C・ロナウドばかりに話題が集中することには辟易(へきえき)した様子を見せるのは、チームに対して自信を感じているからではないだろうか。

 ロナウドの変心は、ポルトガルを、そして彼自身を輝かせている。

◆データが示す「史上最強のメッシ」がアルゼンチン代表で輝けない理由>>

◆中田英寿と本田圭佑。2人は中村俊輔にとって、どんな存在だったのか>>

関連記事