2018.06.16

中国人記者をギャフンと言わせた、
W杯現場の「サッカー国際情勢」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki Photo by Getty Images

 6月14日、モスクワ市内のルジニキスタジアム。午前中、その周辺では厳しい顔をした警官の姿が目立っていたが、昼を過ぎた頃には、昂揚(こうよう)した表情のサポーターで埋まり始めていた。

 開幕戦のカードは開催国のロシアとサウジアラビア。両国のサポーターが多いのは当然だ。それにコロンビアやメキシコのサポーターたちが続く。サッカーは国境を越えて楽しむスポーツである。その一方で、ここぞとばかりに国を背負ったように代表ユニフォームを着込み、躍進を信じる姿は、人間らしいパラドックスだろう。

開幕戦のスタンドでロシアを応援するサポーターの女性「Vamos a ganar el Mundial !」

 コロンビア人の一団が、「W杯で優勝するぞ!」とスペイン語で威勢よく叫び、記念撮影をしていた。彼らにとって、日本戦は景気づけ程度のものなのだろう。もっとも、サッカーは必ずしも実力どおりにならないところもあるから、これだけの人気を誇るのだ。

 友好であれ、敵意であれ、人間のエゴが顕著に出るのがW杯かもしれない。

 試合が近づくにつれ、メディアセンターは各国の記者たちで溢れかえっていった。やがて席取りゲームが始まって、あぶれた記者は苛立っていた。もともと速報系の記事を書く記者はいつも神経質な顔を浮かべているが、こういうときはとりわけヒステリックな雰囲気で近づきがたい。言葉のコミュニケーションが不自由な状況で気持ちがぶつかり合うと、トラブルも起きやすくなる。

 アルゼンチン人記者と中国人記者の間でひと悶着あったのだろう。中国人が、大声でわめき立てていた。しかしアルゼンチン人がひとこと、こう言った。