2018.05.23

CLマネーはケタ外れ。決勝のレアルと
リバプールはいくら稼ぐのか?

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty AFP/AFLO

 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)も、いよいよ26日(日本時間27日)のファイナルを残すのみとなった。

 レアル・マドリーがCL史上初の3連覇を成し遂げるのか、それともリバプールが2005年の”イスタンブールの奇跡”以来となる6度目の欧州制覇を果たすのか。キックオフは日本時間27日の早朝3時45分。深夜とも早朝とも言える時間だが、待ちわびている人は少なくないだろう。

 世界中が注目するこの一戦について、多くのプレビュー記事が出ている。なので、ここではちょっと趣向を変えて、賞金についておさらいしてみたい。

昨年、CL2連覇を達成したレアルは約117億円3600万円を手にした UEFA(欧州サッカー連盟)の発表によると、今シーズンのCLの分配金の総額は13億1890万ユーロ(約1729億円4800万円)。これが”定額賞金”(7億6190万ユーロ)と”マーケットプール”(5億5700万ユーロ)と呼ばれる2つに分けられ、そこから参加クラブに渡ることになる。

 定額賞金とは、出場チームの成績によって決まるものだ。

 まず今季のリバプールのようにプレーオフから出場して本戦に勝ち上がったチームには、200万ユーロ(この時点ですでに天皇杯優勝賞金よりも高い、約2憶6200万円)、負けたチームには300万ユーロ(約3憶9300万円)が支払われる。負けたチームのほうが高額になっているのは、それ以上の収入が見込めなくなるからだろう。

 次にグループステージに出場する全32チームは、それぞれが1270万ユーロ(約16憶6500万円)を手にする。ここでの6試合には、勝利につき150万ユーロ(約1憶9700万円)、引き分けにつき50万ユーロ(約6600万円)。さらにグループを突破して16強に入ると、一律で600万ユーロ(約7憶8700万円)が支払われる。

 以降、準々決勝で650万ユーロ(約8憶5200万円)、準決勝で750万ユーロ(約9憶8300万円)、決勝で勝って優勝すれば1550万ユーロ(約20憶3200万円)、負けて準優勝となれば1100万ユーロ(約14憶4200万円)が加算されていく。