2018.05.01

西野新監督も「ずっと見ていた」。
吉田麻也、プレミア残留に体を張る

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 試合終了のホイッスルが鳴ると、吉田麻也は思わずピッチに倒れ込んだ。

 仰向けになってピッチに寝転ぶと、両手を顔に当てたまま動けない。しばらく経って上半身だけ起き上がると、最後はチームメイトのMFジェームズ・ウォード=プラウズに持ち上げられ、ようやく立ち上がることができた。

守備陣のリーダーとして勝利に貢献した吉田麻也「疲れ果てた(笑)。ここで負けると本当にまずかったので、とりあえずひとつ勝ててよかった」と吉田。疲労困憊の様子は、シーソーゲームの接戦となったサウサンプトン対ボーンマス戦の激闘を何よりも物語っていた。

 降格圏18位のサウサンプトンと、残留圏17位のスウォンジー・シティの勝ち点差は「4」。残り試合が「4」となった今、ここからの1試合、1試合が生死を分ける大事な一戦となる。特にリーグ戦で8試合勝利のないサウサンプトンにとって、ホームでのボーンマス戦は「勝ち点3」が絶対に必要な試合だった。

 満員に膨れ上がったホームサポーターの声援に後押しされるように、立ち上がりからサウサンプトンは気迫のこもったプレーを見せる。3−4−2−1のセンターバック中央に入った吉田も、落ち着いた守備で最終ラインを引き締めた。

 重圧のせいか、10分には22歳のCBヤン・ベドナレクがクロスボールへの対処で判断を躊躇(ちゅうちょ)。周りには敵がいないのに、ボールをコーナーキックへ逃してしまう。思わず下を向くベドナレクを、吉田は手を叩いて励ました。

 そんなサウサンプトンに待望の先制点が生まれる。敵のクロスボールを吉田がヘッドでクリア。カウンターアタックにつなげ、最後はセルビア代表MFのドゥシャン・タディッチがネットを揺らした。ゴールに沸く選手たち。吉田も両腕を広げて喜んだが、すぐに気持ちを切り替え、オランダ代表DFのヴェスレイ・フートとポルトガル代表DFのセドリック・ソアレスの守備陣に指示を出した。