2018.01.22

井手口陽介リーガデビュー。相手を削って
「戦える日本人」をアピール

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 リーガエスパニョーラ2部、第23節。日本代表のMF井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)が、アウェーのオサスナ戦でリーガデビューを果たした。試合は2対1で敗れ、出場時間もロスタイムを含めてわずか13分だったが、井手口がどのような選手かをアピールするのには十分なデビュー戦だった。

オサスナ戦の80分、ピッチに入った井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)「スタジアムもすごく雰囲気がよかったし、日本にない雰囲気だった。少ししか出てないし負けはしたけど、楽しい時間だった」

 試合後のミックスゾーンで、井手口はスペインでの初試合に満足感を得ていることを示した。長い時間プレーしたわけではないし、多くボールに触れたわけでもない。全てを判断するのには時期尚早であることは間違いない。だが、そのファーストタッチで右サイドの前線にフィード。しっかりとボールの芯を捉えた力強い正確なパスを見ただけでも、欧州で戦う力がしっかりとある選手であることを感じさせた。

 守備でも、ファールになってはいたものの、長身選手に対して臆することなく競り合いにいった。相手にのしかかったプレーや、イエローカードをもらうほど相手選手を削った場面は、気持ちの強さをしっかりと見せつけるものだった。

「うまいプレー、うまいサッカーはできるが戦えない」というのがスペインでのこれまでの日本人選手に対する評価だ。だが、クルトゥラル・レオネサにリーズ経由で新しく加入した背番号19番は、そのイメージとは逆の”戦える選手”であることをアピールした。それもレアル・マドリードやバルセロナですら思うようなプレーをすることができないオサスナのホーム、エル・サダルで、だ。