2018.01.22

大迫勇也が復帰のケルンが3連勝。
ドン底から「奇跡の残留」はあるか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ第19節、ハンブルガーSV対ケルン戦は、0-2でアウェーのケルンが勝利を収めた。試合後、引き上げてきた大迫勇也に「2連勝だね」と、声をかけた。

 大迫は間髪入れず、笑顔できっぱりと否定した。

「3連勝ですよ、3連勝」

 こちらは今年に入ってから2連勝という意味で言ったのだが、大迫はそれに2017年のリーグ最終戦、第17節ヴォルフスブルク戦の勝利も加えていた。にこやかにそんなやり取りができるぐらいの余裕。ケルンにとっても大迫にとっても久々のことだ。

ハンブルガーSV戦で先発に復帰、勝利に貢献した大迫勇也(ケルン) それまでリーグ戦未勝利だったケルンは、12月にペーター・シュテーガー前監督を解任。シュテファン・ルーテンベックが内部昇格で今季限りの暫定監督に就いた。だがその後もヨーロッパリーグ(EL)でレッドスターに敗れ、リーグ戦でもフライブルクには善戦しながら3-4で、続くバイエルン戦も健闘こそしたものの0-1で敗れた。

 しかし、続くヴォルフスブルク戦で1-0と今季初勝利をあげ、2017年のリーグ戦を締めくくった。その後、ドイツ杯準々決勝のシャルケ戦には敗れているのだが、ELもドイツ杯もなくなったことで、リーグ戦にフォーカスできる状態を作り出してシーズンを折り返した。