2017.12.29

さらば、カカ。セレソンとミランで輝いた
異色のお坊ちゃんスターが引退

  • 沢田啓明●文 text by Sawada Hiroaki photo by Getty Images

今年11月、サンシーロを訪れたカカ。ミランファンからは今も絶大な人気を誇る 12月17日、元ブラジル代表MFカカ(35歳)が現役引退を発表した。

 2007年の年末にFIFAの年間最優秀選手に選ばれてから、ちょうど10年目の節目となる日だった。ブラジルの有力テレビ局「グローボ」の日曜朝の人気スポーツ番組『エスポルチ・エスペタクラール』に出演し、17シーズンに及んだ自身のキャリアを、ときには笑顔で、ときには涙を浮かべながら振り返り、将来についても言葉を紡いだ。

 父親がエンジニア、母親が教師という中流家庭の出身。サンパウロの高級住宅地モルンビー地区に自宅があり、一家はサンパウロFC(総合スポーツクラブで、それとは別にプロサッカー部門がある)の会員だった。カカはそのアマチュア部門の少年チームでサッカーを始めた。

 本人によれば、「子供の頃からボールを蹴るのが大好きだったけど、プロになりたいと真剣に思ったことはなかった」という。しかし、チームのコーチに才能を見込まれ、プロを目指す子供たちがしのぎを削る下部組織へ送り込まれた。

 ブラジルでは、サッカー選手のほとんどが貧困家庭の生まれだ。「サッカーで成功することが社会的なステイタス上昇のための唯一の手段」と考え、なりふり構わずプロを目指す。

 そんな他の子供たちとは家庭環境があまりにも異なるため、嫌がらせやいじめを受けるのではないかと心配したカカの母親は、練習後、しばしばチームメイトを自宅へ招いた。そしてサンドイッチやジュースを振る舞いながら、「うちの子と仲良くしてね」と頼み込んだという。