2017.10.18

プレミアで再びキャプテンの吉田麻也。
「そういう立場は自覚している」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 サウサンプトンの吉田麻也が10月15日に行なわれたニューカッスル・ユナイテッドとのプレミアリーグ第8節で先発フル出場した。

キャプテンとしてディフェンスラインを統率する吉田麻也 吉田は4-4-2の右センターバック(CB)としてプレーし、CBのパートナーには夏の移籍志願で世間を騒がせたオランダ代表DFのフィルジル・ファン・ダイクが入った。もっとも、国際マッチウィーク明けの一戦であることから、長距離移動の疲れを考慮して吉田がベンチスタートにまわる可能性もあった。実際、9月5日に行なわれたサウジアラビアとのW杯アジア最終予選後の試合ではベンチスタート。ただ、今回の場合は吉田が親善試合・ハイチ戦を欠場しており、指揮官としてはコンディションの見極めが難しいところがあった。

 日本代表戦からサウサンプトンの試合で先発するまでの過程について、吉田は次のように説明した。

「(10月10日の火曜日に行なわれたハイチ戦で)試合をやらずに帰ってきた。しかも(今回は)サウサンプトンの試合が日曜日に行なわれたのは大きかった。水曜日にイギリスに着いて、木曜日はリカバリー(回復メニュー)って言われたんですけど。でも、いつものように『いや、全然疲れていないので(チームと一緒に)練習します』って。アピールが成功したかなと。