2017.09.17

乾貴士、エイバルの勝利を演出も
「クロスのアシストは好きじゃない」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 ピンポイントのアシストを見せたのが乾だった。中盤で相手のボールを奪い、上がってきたガルベスから左サイドでパスを受けると、ボールを持ち替えて、詰めてくる相手DFの間合いを外し、そのままオーバーラップしていたCBに、ドンピシャリのクロスを上げた。

「オーバーラップして上がってきたのは見えていた。ガルベスを狙ったのは確かだけど、クロスでアシストというのは好きじゃないので、満足していません。けど、チームとして決勝点となったのは大きかった」

 賞賛されてしかるべきボールを供給した乾だったが、本人の満足度はこちらが思ったのとは違う低いものだった。「大きい選手を狙って、ある程度の精度のクロスを上げれば決めてくれるものだ」と、乾は続けた。ゴールを決めた選手がすごいのであり、自身の上げたクロスはフォーカスされるほどのものではない、賞賛されるべきは値千金のゴールを決めたガルベスの力だというわけだ。

 とはいえ、乾のクロスが試合の状況を変えたのは確かだ。守備を固めてカウンターを狙い続けていたレガネスのプランを崩したのは、間違いなく日本人MFとスペイン人CBのコンビで決めたゴールだった。

 同点ゴールを目指して攻撃に比重を置くようになったアウェーチームにはスペースが生まれ、そのスペースを突いてエイバルは攻撃を仕掛け続けた。乾自身も外れはしたものの、約40メートルを独走してシュートを放ち2点目を狙っていった。