2017.06.19

柴崎岳、1部昇格へ王手のゴール。
お祭り騒ぎにも一人、決勝へ準備開始

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 6月18日、エリオドロ・ロドリゲス・ロペススタジアムで行なわれたリーガエスパニョーラ・プリメーラ(1部)プレーオフ準決勝第2戦、テネリフェ対カディスは、日本人MF柴崎岳のゴールで1-0と、ホームチームがリードして90分が終了。第1戦は1-0でカディスが勝っているため延長戦に突入したが、30分の戦いでは得点が生まれず、プレーオフ規約により、シーズン中の順位が上位のテネリフェが決勝へと駒を進めた。

カディス戦でゴールを決め、小さなガッツポーズを見せた柴崎岳 主審が試合終了のホイッスルを鳴り響かせると、テネリフェのホームスタジアムのピッチには、まるでプリメーラ昇格を決めたかのように多くのサポーターが流れ込み、決勝進出の立役者たちのもとへと駆けつけた。

 もちろん、この試合で唯一のゴールを決めた柴崎のもとにも多くのテネリフェサポーターが駆け寄り、取り出したスマートフォンで写真撮影を始めるなど、もみくちゃにされた。柴崎は今や、テネリフェのアイドルのひとりとして認められる存在となっている。

 ゴールが生まれたのは34分。右サイドを崩したテネリフェは、カマラのパスをうけたキャプテンのスソがカディス陣内奥深くに侵入し、中へグラウンダーのクロスを送る。このボールはGKに当たって軌道を変え、混戦を抜け出しファーサイドで待ち構えていた背番号20番の前に転がり続けた。