2016.11.26

今季初アシスト。エイバル乾貴士の
スイッチを入れた「岡ちゃん」のひと言

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「試合で走れるのと練習で走れるのは違う。試合で走れるようになってきているのは自覚している。今日みたいにどんどん走っていく」

 試合出場が増えたことで自信を手にしていることや、リズムをつかめていることが大きいのだろう。だが乾は、自身をこれまで以上に走ろうと考えるようにさせた日本代表選手との会話があったことを教えてくれた。

「昨日、岡ちゃん(岡崎慎司)と話した。岡ちゃんに『最近ああいう上がり(飛び出し)が少ないけど、あそこはあまり行くなと言われているの?』と言われて。『いや、行けてないだけ』と話したら、岡ちゃんが『俺はあまり気にせずに、何も考えずに走っている。そうしたらCLでも点が取れた』とアドバイスをくれた。それで自分も何も考えずに走ろうという考えができた。今日はその辺で吹っ切れたのかな、と」

 欧州最大の大会で得点を決めた選手が教えてくれた好調の秘密。これまでリーガで戦ってきた日本人選手には、チーム戦術という縛りから、本来持っているよさを見せることができずに結果を残せなかった過去がある。岡崎が伝えた「気にせずに何も考えずに走っている」という言葉は、乾の心の中にあった迷いを打ち払ううえでも大きな力になったはずだ。