2016.07.11

C・ロナウドを欠いて栄冠。頼りなさげなポルトガル指揮官の見事な采配

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

 メジャー大会で初優勝を飾ったポルトガル代表

 開催国という地の利に加え、戦力的な面でもフランスはポルトガルに勝っているように見えた。準決勝までの6試合を振り返るならば。

  力関係を数値化すれば65対35。もはや18年前の話となった98年フランスW杯決勝、対ブラジル戦の時とは違った。ユーロ2000決勝対イタリア戦、そ の再戦となった06年W杯決勝とも違う。過去3回は対戦相手有利、あるいは接戦予想だったが、今回はフランス有利を疑う者はいなかった。つまり、フランス にとっては、絶対に負けられない戦いになっていた。実際、フランスは立ち上がりからポルトガルゴールに再三、押し寄せた。

 事件が起きたのは、その順調な滑り出しを確認した7分。クリスティアーノ・ロナウドがディミトリ・パイエに膝を狙われ、立ち上がれなくなったのだ。定石通り、パイエは相手のエースに挨拶代わりのタックルを一発かましたわけだが、挨拶にしてはいきすぎだった。

カメラマンの報告によれば、瞬間、パイエはパトリス・エブラとハイタッチをかわしたという。C・ロナウドは、治療をした後、いったん復帰したが、前半25分、プレー続行不可能となり、担架に担がれ退場した。