2015.10.27

強敵バルサ戦。エイバルの乾貴士がカンプノウで得た手応え

  • 山本美智子●取材・文 text by Yamamoto Michiko photo by Rafa Hueruta

 試合後、初めてカンプノウに立った感想は? と聞かれた乾貴士の口から漏れた最初の言葉は、「悔しかった」だった。

カンプノウでのバルセロナ戦に先発したエイバルの乾貴士 10月25日、ルイス・スアレスが、バルセロナでデビューを果たしてから1周年を迎えたその日にバルサで2度目のハットトリックを決め、今季続いていたエイバルのアウェー戦無敗記録は、カンプノウで途切れた。

 そしてこの日、乾はバルセロナの本拠地でプレーしたリーガ・エスパニョーラ史上3人目の日本人選手となった(これまでは、城彰二と大久保嘉人のふたり)。

 だが、乾にとって衝撃だったのはスタジアムではなく、目の前でプレーするチームだった。「たしかに(カンプノウに)入った時、雰囲気とかはすごかったけれど、それよりも、バルサの強さとかすごさの方が上回っていた」とその印象について、乾は試合後のミックスゾーンで淡々と話した。

「エイバルにとって先制したのはラッキーだったけれど、バルサにとっては何でもないことだったんだなと感じた」と話し、そのレベルの高さをあらためて実感したようだ。