2015.10.21

「批判発言」後も、本田圭佑への指揮官の信頼は変わらない

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari   利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 今シーズンの最初の数試合、ミハイロビッチは本田を信頼し、2トップの後ろ、トップ下のポジションのレギュラーとして使い続けた。しかし7月からずっと試してきたミハイロビッチの4-3-1-2のシステムは、なかなか結果を出すことができない。そこでトップ下の選手を替えてみたのだろうが、それでも結果は同じ。期待通りの効果を上げることができなかった。

 そこで休み明けのトリノ戦から、ミランはフォーメーションを4-3-3に変えることにした。昨シーズン頭からミランがずっと慣れ親しんできたシステムだ。

 先制ゴールを決めるまでの約1時間は、ミランはとてもバランスが取れていて、危険なシーンもなく、試合を長いこと支配していた。しかしバッカがゴールを決めてからは、なぜか試合の支配権はトリノに移ってしまった。同点ゴールを決められただけではなく、終盤には逆転される危険さえあった。

「メンタルの問題。選手たちは恐怖心を抱いてしまっている」と、試合後にミハイロビッチはコメントした。