2015.09.18

ELで辛勝ドルトムント。不在の前半でわかった香川真司の重要性

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 9月17日、ヨーロッパリーグ(EL)が開幕した。今季ELには日本人選手が所属する4チームが参戦する。このうちシャルケの内田篤人は負傷リハビリ中。また初戦、バーゼルの柿谷曜一朗とスポルティングの田中順也はベンチ入りしなかった。

 香川真司が所属するドルトムントは、クラスノダール(ロシア)をホームに迎えた。予選3回戦から戦っているドルトムントにとって、ようやく迎えた本戦だ。対戦相手のクラスノダールは08年に創設されたばかりの新興クラブだが、2シーズン連続EL出場を果たしている。

クラスノダール戦後半から出場。勝利を喜ぶ香川真司 ドルトムントは思いのほか苦戦した。結果的に前後半の終了間際に得点し、2-1と逆転したものの、まさに薄氷を踏む思いの勝利だった。香川はほっとした様子で語る。

「難しかったですね。前半は明らかにいい入りができなかった。やはりヨーロッパリーグということで、(週末に)レバークーゼン戦もあったから、そういうところに頭が行っていた部分はあったのかな。どうしてもチャンピオンズリーグを4年やっている中でのヨーロッパリーグですから、そういうモチベーション的なところが難しさだと思います」