2015.02.08

好調シャルケ。だが中盤起用の内田篤人は言葉を濁した

  • 了戒美子●文 photo by Ryokai Yoshiko
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 シャルケが好調だ。2月6日、ボルシアMGを1-0で破り、後半戦が始まって3試合で勝ち点7を獲得。勝ち点2を落としたのもアウェーのバイエルン戦なのだから、むしろほめられてしかるべきだ。順位も上々。来季チャンピオンズリーグ出場権を得られる3位に浮上した(順位は暫定)。ミッドウィークの試合をはさむ過密日程をそつなく乗り切った。

ボルシアMG戦にフル出場した内田篤人 だがその一方で、シャルケのサッカーはまるで面白くない。ディマッティオ監督はこのところ3-5-2システムを採用。両サイドの内田篤人とフクスを中盤で起用しているのだが、これがほとんど5-3-2で戦うことになっている。先のバイエルン戦しかり、そしてこの日のボルシアMG戦もそうだった。

 3バックにはヘベデス、マティプ、ナスタシッチと、3人ともセンターバックタイプの大型選手をそろえており、ゴール前の厚みは増した。その前にはキルヒホフというまたディフェンダータイプの選手を置き、キープ力と展開力のあるヘーガーと、縦への推進力があるバルネッタを中盤に配している。この日は2トップに2列目タイプとしても動けるボアテングと突破力のチュポモティングを起用した。メンバーは悪くはないが、中盤が機能せず、攻撃はカウンター一辺倒になった。

 内田に言わせれば「先制しているから無理して上がる必要はない」。両サイドも守備的になり、5バックが後方に張り付いた状態となる。その5枚がラインを上げ下げして相手の中盤にプレッシャーをかけるのだが、いかんせん見ていて面白くないのだ。

 ディマッティオといえば、2011~12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でチェルシーを率い、バイエルンを下した一戦を思い出す。手堅い戦いぶりで、延長、PK戦の末、守り勝った印象が強かった。当時、ディマッティオはシーズン終盤に暫定監督として就任したばかりで、だからこそいわば即席に守備を強化し、あわよくば1点を狙うサッカーに徹したように見えた。