2014.11.01

アシスト生んだ、内田篤人とシャルケとの美しい関係

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 アウクスブルク戦前日の10月30日、シャルケは内田篤人との契約延長を発表した。2018年6月30日までの長期契約だった。

 内田にはここまでにいくつかの選択肢があった。スペイン、イングランド、イタリアの各リーグのトップチームへの移籍を現実のものとして視野に入れたこともあった。だが、それは実現しなかった。シャルケ以上の環境、条件が望めなかったというのがその大きな理由だ。

 環境、条件というのは何も待遇面を指すわけではない。シャルケのように国内で何らかのタイトル争いにコンスタントに絡み、チャンピオンズリーグでもベスト16に進出するというチームは極めて限られている。さらにそのチームでレギュラーとしてプレイできること、といったような条件を考えると、シャルケから移る理由は自ずとなくなった。

アウクスブルク戦で先制点をアシストした内田篤人(シャルケ) 今回の契約延長は、内田にとっても大きな意味を持つものだったようだ。アウクスブルク戦後のミックスゾーン、内田はスタンドからの声援について話しながら、自ら契約延長に関し触れた。

「今日は本当に一つ球際で勝ったら『ウッシー』と声援をくれた。試合が終わってからもウッシー、ウッシーってファンは言ってくれていた。やっぱり契約更新して歓迎してくれているというか。認めてくれているのは、選手として幸せなことです」