2014.05.25

CLレアル優勝。だが従来ないサッカーを見せたのは敗者だった

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 先制点を入れた時間が前半ではなかったら、試合の結果はどうなっていたか分からない。アトレティコ・マドリードは勝てたかもしれない。僕はそう思う。

 アトレティコの先制点は、レアル・マドリードのGK、カシージャスの飛び出しミスであることも確かだ。しかし、形勢不利に見えた相手MFケディラとのヘディングの競り合いに、DF ゴディンが渾身のジャンプで勝ったことも事実。また、その不利を覆(くつがえ)すだけのプレイのノリが、その時間帯、アトレティコにあったことも事実だ。

 レアル・マドリードは、明らかに"やられて"いた。

10回目のCL制覇を成し遂げたレアル・マドリード アトレティコは前半9分、故障を抱えながら強行出場したFWジエゴ・コスタが退場。いきなり大エースを欠くことになった。先行きに暗雲が立ちこめたわけだが、その退場風景に重苦しいムードはなかった。ジエゴ・コスタはダメだと判断するや、サッと一瞬のうちにピッチから消えた。大仰な去り方はしなかった。 重大な事件を重大に見せまいとした。好感の持てる去り方をした。

 だからアトレティコが落ち込むこともなかった。替わってピッチに入ったアドリアン・ロペスが好プレイをしたこともある。これを機にアトレティコのサッカーはむしろグッと良くなった。