2012.10.10

【フランス】ビッグクラブへの途上。一気に戦力アップした
パリ・サンジェルマンが欧州勢力図を変える

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

今季、ミランからパリ・サンジェルマンに移籍したイブラヒモビッチ。現在得点ランクトップを快走
 ミランの攻守の要、ズラタン・イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウヴァのふたりを獲得するなど、潤沢な資金力をバックに大型補強を繰り広げるフランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)。今シーズンはチャンピオンズリーグに出場していることもあり、その注目度はヨーロッパを超えて、もはや世界レベルの域に達している。

 とりわけ脚光を浴びているのが、あのマンチェスター・シティをしのぐと言われる補強予算である。

 PSGが今夏使った補強費は総額約140億円。その中には、来年1月に加入することが決まっている弱冠20歳のルーカス・モウラ(サンパウロ)の獲得に使った約40億円も含まれる。自らブラジルに足を運んで獲得を試みたマンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督が、獲得競争に敗れた末、常識を超える金額で落札したPSGに対する怒りをあらわにしたことは記憶に新しいところだ。

 そもそも、PSGがこれだけの資金力を持つクラブになったのは、昨シーズンのことである。それまでアメリカ系投資ファンドが持っていた株式をカタールの投資会社カタール・インベストメント・オーソリティーが購入。

 同グループのアル・ケラフィがオーナーに就任すると、昨シーズンはパレルモからMFハビエル・パストーレを約42億円で競り落とした他、総額約100億円を使ってフランス代表のMFジェレミー・メネズ、FWケヴィン・ガメイロ、イタリア代表GKサルヴァトーレ・シルグ、ウルグアイ代表DFディエゴ・ルガーノらを次々と補強したのだった。

 さらに、一躍タレント軍団となったPSGはリーグ首位に立っていながら、折り返し地点でコンブアレ監督を解任。アンチェロッティ新監督を招へいし、冬の移籍マーケットではイタリア代表MFチアゴ・モッタと左SBにはマックスウェルを獲得したのである。