2012.10.02

【ドイツ】現地メディア、ファンが注目する乾貴士の魅力

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

フライブルク戦に先発、ドリブル突破を図る乾(フランクフルト)「今日はコメント、いらないでしょう? 4試合連続、出なかったし!」

 フライブルク戦後、ピッチから引き上げてきた乾貴士は、少々距離のある位置から日本人報道陣の姿を確認すると、そう叫んだ。我々に近づかずに済ませようとするフリまでしながら、冗談めかした口調で。そうやって笑いをとる一方で、顔は笑っていないようにも見えた。ブンデスリーガでは日本人最多となる4試合連続ゴールを逃し、悔しがっていることが伝わってきた。

「意識してないことはないですよね。あれだけ騒がれて……。いきなり騒がれ出したんです。今まで何もなかったのに、いきなりこうなった。でも、そういう中でも決めるのがプロだと思うし、そういうのは言い訳にすぎないです」

 乾への関心は日本メディアよりもドイツのメディアのほうが高いかもしれない。代表選手でないとピックアップされることの少ない日本メディアに対し、ドイツではリーグ戦で活躍していること自体が注目の対象。キッカーやビルトといった全国紙誌からフランクフルトの大手、ローカル紙までが乾に注目した。この日のミックスゾーンでもフランクフルト担当の大半の記者は乾を囲んだ。

 ここまで得点を重ねるうちに、ゴールへのこだわりが出てきたのだろうか。それとも、ゴールへのこだわりを持とうと、意識改革があったのか。わずかに2試合前、つまり2試合連続弾を決めた時には「これまでは1点決めると満足していたから、前のゴールは忘れようと」と、話していたことを思い出す。

 今季から1部でプレイする乾だが、ボーフムでプレイした昨季は、どれだけ好成績を上げようとも注目を浴びることは少なかった。だが、今季のフランクフルトは昇格直後にもかかわらず好調だ。ここまで5勝1分けはバイエルンに次いで2位、ちなみに3位はドルトムント、4位にシャルケがつけている。メディアの関心が高いのも当然だろう。乾にとっては、ドイツに来て初めて経験した注目とプレッシャーだったに違いない。