2022.07.27

ピーター・ウタカが語る日本とJリーグ。「日本のサッカーファンは世界の最先端かもしれない」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

京都サンガF.C. ピーター・ウタカ インタビュー 前編

中編「ウタカが考えるストライカー像」はこちら>>
後編「ウタカのお団子ヘアの秘密」はこちら>>

Jリーグは現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、生活をどう感じているのか? 今回は京都サンガF.C.のストライカー、ピーター・ウタカをインタビュー。長く活躍できる秘訣や、日本の印象を聞いた。

◆ ◆ ◆

日本のサッカーファンに特別な感情を抱いているピーター・ウタカ日本のサッカーファンに特別な感情を抱いているピーター・ウタカ この記事に関連する写真を見る

自分の体をプロフェッショナルに扱っている

 ピーター・ウタカはサンフレッチェ広島に所属していた6年前、J1で19ゴールを挙げて得点王となった。32歳の頃だった。

 その4年後には、京都サンガF.C.のエースとして22得点を重ね、J2のトップスコアラーに。そして今季からJ1に昇格した京都の背番号9は、4月の月間MVPに輝き、現在はJ1得点ランキングの3位(7月17日時点)につけている。

元ナイジェリア代表の38歳のストライカーに、衰えの感覚はないのだろうか。

 オンラインのインタビューも終盤に差し掛かった頃、そんな質問をぶつけてみた。画面越しのやりとりも、もう十分に温まっていたところだ。それまでにも時折、大きな笑い声をあげていたウタカは、この問いかけにもまず大爆笑してから語り始めた。

「キミは僕を引退させたいのかい? わははは! それは冗談として、年齢なんて、ただの数字さ。問われるのは、そんなものではなく、選手自身だよね。実際、僕は今、38歳だけど、周りの人たちは28歳のようだと言ってくれる。それは僕が自分の体をプロフェッショナルに扱っているからだと思う。

 よい食事をして、よく眠り、アルコールなど、体によくないものを摂らないようにする。時には、ワインを1杯だけ飲んだりもするけど、たくさん酒を飲んだりはしない。また日本には健康的な食べ物が多いから、助かっているよ。僕のお気に入りは、しゃぶしゃぶとおでんだ。

 それから毎朝、入念なケアをしている。チームの練習に行く前に、ストレッチをするくらいなんだけど、それを毎日の習慣にすれば、体をよい状態に保っておける。つまり、自分は常に準備ができているんだ。若い選手の動きについていけなくなったりしたくないから、いつも周りよりひと足先に準備することを心がけている。僕らの仕事は、文字どおり、体が資本だからね」