2022.07.23

セレッソ大阪が上昇中。GKからつないで決めたゴールは鮮やかなコンビネーション

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question 
フリーで縦パスを受けて前進した為田大貴は、このあとなにを選択して崩したか?

 Jリーグ第22節、ガンバ大阪対セレッソ大阪が行なわれ、アウェーのC大阪が2-1で勝利。C大阪は直近の公式戦7戦で4勝3分と好調を維持して、中断期間を迎えた。

 試合は、立ち上がりにいい入り方をしたG大阪が、前半17分にCKからクォン・ギョンウォンが決めて先制する。

 しかし、前半途中からC大阪が押し込む時間帯が増えていくと、後半7分に山田寛人のゴールで同点に追いつく。そして後半45分、ジェアン・パトリッキのミドルシュートで逆転に成功。劇的な勝利で、C大阪が1999年以来となる大阪ダービーのシーズンダブルを達成した。

 今回は、C大阪が同点に追いついた山田のゴールをピックアップする。

 後半7分、C大阪のビルドアップからGKキム・ジンヒョンがハーフレーンでフリーとなっていた為田大貴に縦パスを入れる。

GKキム・ジンヒョンからの縦パスを、フリーで受けて前進した為田。このあとどんなプレーで崩したかGKキム・ジンヒョンからの縦パスを、フリーで受けて前進した為田。このあとどんなプレーで崩したか この記事に関連する写真を見る  パスを受けた為田は、ターンしてドリブルで前進。そこへG大阪のダワンが中央から寄せてきた。

 この状況で為田は、次にどんなプレーを選択して、G大阪の守備を崩しただろうか、というのがQuestionである。