2022.07.23

Jリーグ内定選手、規格外FW、華麗なドリブラーなど。高校サッカーインターハイで注目の11人

  • 森田将義、松尾祐希●文・写真
  • text&photo by Morita Masayoshi, Matsuo Yuki

7月24日から高校サッカーのインターハイがスタート。今大会もJリーグ入りが内定している選手や、プロ入りを目指す選手、さまざまな長所を持った選手たちが、活躍の時を待っている。そのなかから注目選手11人をピックアップして紹介する。

◆ ◆ ◆

「得点王と日本一」を狙う、神村学園の福田師王「得点王と日本一」を狙う、神村学園の福田師王 この記事に関連する写真を見る 福田師王
(ふくだ・しおう/神村学園/FW/3年/178cm、70kg)

 高校ナンバーワンストライカーだ。ゴールバリエーションが豊富で、空中戦や相手の背後への抜け出しを得意とし、ミドルレンジからのシュートを決める場面も珍しくない。

 その一方で今季はコンディションが整わず、苦戦を強いられた。序盤戦は満足いく活躍を見せられずに不完全燃焼だったが、ここにきてようやく状態が上向いてきた。目標は「得点王と日本一」と言いきる。

 春先にはドイツの名門・バイエルンのトレーニングに参加するなど、国内外から高い評価を得ているゴールゲッターが、真価を発揮できるか注目だ。