2022.07.16

浦和レッズの攻撃がハマり出した。バリエーションは豊富で一つはフリーランニング

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
モーベルグがカットインした場面で、浦和はどう崩したか?

 Jリーグ第21節、浦和レッズ対FC東京が行なわれ、ホームの浦和が3-0で完勝を収めた。

 浦和は、直近5試合で3勝2分と好調。勝ち点を26に伸ばして、順位もボトムハーフを抜け出す9位まで上げてきた。

 第6節から7試合連続で引き分け、そのほとんどがロースコアで得点力不足に苦しんできた浦和。

 しかし、この試合では前半31分にダヴィド・モーベルグが先制すると、後半5分に、伊藤敦樹が鮮やかなミドルシュートで加点。25分に大久保智明が3点目を決めて、快勝となった。

 今回は、3点目のシーンをピックアップする。

 後半25分、浦和は馬渡和彰からスローインでボールを受けた江坂任が、逆サイドのモーベルグを相手の裏へ走らせるように大きく展開。

 右サイドのペナルティーエリア横で1対1になったモーベルグが、中へカットインで進入する。

右サイドへの大きな展開から、モーベルグがカットイン。このあと浦和はどのように崩したか右サイドへの大きな展開から、モーベルグがカットイン。このあと浦和はどのように崩したか この記事に関連する写真を見る  この時、後方から江坂がオーバーラップでモーベルグを追い越そうとスプリント。カットイン先では伊藤がパスコースを作っていた。

 この状況でモーベルグはなにを選択して崩したか、というのがQuestionである。