2022.05.30

FC東京・スウォビィクが28歳で日本行きを決断した理由。「勇気は必要だったけど、結果的に最高の決断だった」

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

FC東京 ヤクブ・スウォビィク インタビュー 後編 前編はこちら>>

毎試合すばらしいセービングで見る者を熱くさせる、FC東京のGKヤクブ・スウォビィク。ケガに悩まされながらも母国ポーランドでキャリアを積み、28歳で日本行きを決断した。インタビュー後編では、Jリーグでプレーするようになった経緯や、来日してからの感想を語った。

◆ ◆ ◆

毎試合好セーブを見せるスウォビィク。Jリーグでプレーするようになった経緯を語った毎試合好セーブを見せるスウォビィク。Jリーグでプレーするようになった経緯を語った この記事に関連する写真を見る

ケガでの苦しい日々で人間として成長できた

「英語ではうまく説明できないんだけど、ゴールキックを蹴った瞬間に右脚に激痛が走ったんだ。ハムストリングの損傷で、選手生命を危ぶまれるほどの重傷だった。復帰までに要した期間はおよそ8カ月。ものすごく辛い時期だったよ」

 伝統的に優れたGKを輩出しているポーランドでも、屈指の若手GKとして頭角を現していた20歳のヤクブ・スウォビィクを大きな故障が襲った。彼は当初、できるだけ早く母国で活躍して西欧のリーグに移籍したいと考えていたが、それよりもまず、自分の体と向き合う必要に迫られた。

「プロになるまでは割とスムーズだったけど、そこで一旦、自分が描いていた展望を修正しなければならなくなった。それまでに経験したことのない大きなケガだったからね。ただその苦しい日々のおかげで、人間として成長できたし、選手としてはよりプロフェッショナルになれたと思う」

 翌年に復帰すると、精神面の成長を遂げたスウォビィクはヤギエロニア・ビアウィストクで再びエクストラクラサ(ポーランド1部リーグ)にレギュラーとして出場するようになり、シーズン後半戦には21歳にして代表にデビュー。

 ヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)とポジションを争い、ロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン)を目掛けてゴールキックを蹴った。

 しかし充実した日々はまたも負傷によって途絶えてしまい、その後はいくつか移籍の判断も誤った。そのなかには、2015年の日本からの勧誘も含んでいいかもしれない。