2022.01.14

高校サッカー選手権で目を奪われるプレー。Jリーグ入りで即活躍が期待される12人

  • 森田将義●取材・文 text by Morita Masayoshi

第100回全国高校サッカー選手権特集

青森山田高校の優勝で幕を閉じた、第100回全国高校サッカー選手権。活躍した選手たちの何人かは、今度はJリーグに舞台を移して競うことになる。大会に出場した選手たちのなかから、Jリーグ入りする注目プレーヤーを紹介する。

◆ ◆ ◆

青森山田からFC町田ゼルビア入りする宇野禅斗 photo by Matsuoka Kenzaburo青森山田からFC町田ゼルビア入りする宇野禅斗 photo by Matsuoka Kenzaburo この記事に関連する写真を見る 宇野禅斗(MF/青森山田→FC町田ゼルビア)

 決して派手なプレーではないが、守備時に危ないポジションを常に埋めて、巧みにマイボールへと変え続けるため、否が応でも目を奪われる。「ゾーンに入った」と表現した高2の選手権の活躍ぶりは、高3になると当たり前になり、常勝軍団の生命線と言えるまでのパフォーマンスを全試合で繰り返した。

 町田には、同じくセカンドボールの回収など守備力に長けたMF佐野海舟がいるのも、好都合。職人芸により磨きがかかれば、プロの舞台でもチームに欠かせない、輝く選手になっていけるだろう。

青森山田からFC東京入りする松木玖生 photo by Matsuoka Kenzaburo青森山田からFC東京入りする松木玖生 photo by Matsuoka Kenzaburo この記事に関連する写真を見る 松木玖生(MF/青森山田→FC東京)

 今回の高校サッカー選手権で見せた活躍ぶりによって、説明は不要かもしれない。自陣から相手ゴール前まで幅広く顔を出す「ボックス・トゥ・ボックス」タイプの選手で、高校生離れしたフィジカルの強さも武器だ。

 何より、中田英寿や本田圭佑を彷彿させるようなメンタリティーの強さが目を引き、高校3年間も課題と真摯に向き合い、年々プレーのスケールが増していった。最初はプロの世界に戸惑いがあるかもしれないが、彼なら成功するだろうと思わせてくれる魅力を持った選手だ。

前橋育英からザスパクサツ群馬入りする岡本一真 photo by Kishiku Torao前橋育英からザスパクサツ群馬入りする岡本一真 photo by Kishiku Torao この記事に関連する写真を見る 岡本一真(DF/前橋育英→ザスパクサツ群馬)

 代表歴はないが、粘り強い守備はピカイチ。プリンスリーグ関東で相手のエース級を何度も封じる姿が目に留まり、複数のJクラブが熱視線を送った右サイドバックだ。いぶし銀とも言える守備が魅力だが、機を見て繰り出すオーバーラップや組み立てでの貢献度も高い。

 選手権は怪我で欠場が続いたが、敗れた準々決勝で「DFでも一番頼りになる選手だったので、活躍を期待して試合に出した」(山田耕介監督)ことからも信頼の厚さがうかがえる。金城ジャスティン俊樹、吉永昇偉のふたりが抜けた今季の群馬で、早期に出番を得ても不思議ではない。