2021.12.15

Jリーグ通のペナルティ ワッキーが選んだ「めちゃめちゃお客さんを呼べる」J1ベストイレブン

  • 池田タツ●取材・文 text by Ikeda Tatsu

Jリーグクライマックス

ペナルティ ワッキー インタビュー 後編 
前編はこちら>>

SNSでの「Jリーグモノマネシリーズ」が盛り上がっている、お笑い芸人のペナルティ ワッキーさん。毎節相当な試合数やハイライトをチェックし、気になったシーンを取り上げる「ワッキーチョイス」も好評だ。インタビュー後編はそんなJリーグ通のワッキーさんに、2021年のJ1ベストイレブンをこだわって選んでもらった。
※選手の所属は2021年シーズン終了時点

◆ ◆ ◆

ペナルティ ワッキーさんが選んだ、J1の2021ベストイレブンペナルティ ワッキーさんが選んだ、J1の2021ベストイレブン この記事に関連する写真を見る GK ランゲラック(名古屋グランパス)

 キーパーはランゲラック選手ですね。いわゆる神セーブの数もそうだし、セーブの質もそうですね。あのマスクとあのスタイルだから、さらに美しく見える。数字で言ったら、攻められる回数の多かったベガルタ仙台のヤクブ・スウォヴィク選手もセーブ数は多いかもしれません。だから、川崎フロンターレのチョン・ソンリョン選手とかは損しているというか、あまりビッグセーブを見せる機会が少ない。

 それは置いといて、ランゲラック選手は見ていて「ええっ!?」って言った回数が一番多いような気がします。「今の何?」っていう。そのシュートを打った選手がカメラに抜かれて、「信じられない......」みたいな顔をしてるんですよ。

 現代サッカー的な足元のうまいキーパーではないけど、だからこそなんか好きです。ちょっとオールドタイプの"ザ・キーパー"みたいな雰囲気。とにかく止めるキーパー。見た目も超かっこいい! 名古屋も上位に来ましたからね。

センターバック ジェジエウ(川崎フロンターレ)

 センターバックだとジェジエウ選手。高さ、速さ、ポジショニング、すべてを兼ね備えていて、川崎のサッカーにもちゃんと合ったプレーをします。ディフェンスの指揮を執っているのは谷口彰悟選手だとは思いますが、プレーが派手なのはジェジエウ選手。

 超人的なプレーを見せてくれますよね。横浜F・マリノスのチアゴ・マルチンス選手みたいに、「それ追いつくの?」みたいなプレーがあります。僕は足の速いディフェンダー、特に足の速いセンターバックが大好きなんですよ。最終的に追いついてくれる、最終的にスライディングでブロックしてくれる、みたいなプレーが大好きです。