2021.07.03

逆襲の柏レイソルの救世主? 192cmの長身FWを周囲はどう動いて生かしたか

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
このあとクリスティアーノはどこへ動いたか?

 柏レイソルが第20節の湘南ベルマーレ戦で、後半アディショナルタイムに3得点を決め、4-2の劇的な逆転勝利で9試合ぶりの白星を飾った。

 今季の柏は、昨季得点王のオルンガがアル・ドゥハイル(カタール)に移籍し、得点源を失ったことで得点力不足にあえいできた。その穴を埋めるべく、ボタフォゴ(ブラジル)からペドロ・ハウルを獲得したものの、怪我によりほとんど出場機会を得られていなかった。

 第11節徳島ヴォルティス戦でこそ5-1と大勝を収めたが、それ以降は8試合でわずか3得点。僅差の試合でことごとく競り負け、1分7敗と大きく負け越し、リーグ順位も降格圏に沈んだ。6月25日には、攻撃のキーマンである江坂任の浦和レッズ移籍が決まり、攻撃面でさらに苦しい状況となっていた。

 そのなか、湘南戦でペドロ・ハウルが今季初先発に名を連ねると全得点に絡む活躍を見せ、劇的な逆転劇に大きく貢献した。Questionは、逆転ゴールとなった3得点目からだ。

ペドロ・ハウルと大岩が競り合う状況。クリスティアーノはどこへ動いたかペドロ・ハウルと大岩が競り合う状況。クリスティアーノはどこへ動いたか この記事に関連する写真を見る  後半アディショナルタイム9分、自陣で得たセットプレーからGK佐々木雅士がロングボールをペドロ・ハウルに向けて放り込む。そこへ湘南DF大岩一貴が飛び出した。それを見たクリスティアーノはどうしただろうか。