2021.05.09

湘南GK・谷晃生が大谷翔平に憧れるわけ。世界で活躍する野心は隠さない

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by AFLO

 サッカーのゴールキーパー(GK)は経験が必要なポジションだ。攻守に求められるものが多く、試合におけるいろんなシチュエーションでの経験がGKの能力を高めていくことになる。

 湘南ベルマーレの谷晃生(こうせい)は、いずれ日本代表のゴールを守るであろうと将来を嘱望されている逸材だ。チームでは守護神としてプレーし、東京五輪を戦うU-24日本代表では3月のアルゼンチンとの親善試合に初招集され、1試合に出場。強敵をゼロに抑えて勝利に貢献した。

昨シーズン、湘南ベルマーレに移籍し25試合に出場した谷晃生昨シーズン、湘南ベルマーレに移籍し25試合に出場した谷晃生  クラブでの活躍がU-24日本代表招集に結びついたわけだが、谷は昨年、ガンバ大阪から期限付き移籍で湘南にやってきた。

「移籍を決めたのは、1年で見違える成長をしたいと思ったからです。オファーをいただいたなかで、湘南なら成長できるんじゃないかと、自分の直感で決めました」

 ガンバの正GKは日本代表であり、経験豊富な東口順昭が君臨している。GKのポジションは1つしかなく、フィールドプレーヤーのように試合途中で交代というわけにはいかない。ゆえに、レギュラーが決まるとなかなか動かせないポジションである。

 レベルの高いGKと練習して多くを学ぶことはできるが、試合に出て実戦経験を積み、プレーレベルを上げていくことは難しい。そうしたこともあり、谷は出場機会を求めて必要とされるチームに移籍することを決めた。

 それにしても、なぜ湘南で成長できると考えたのだろうか。

「湘南は多くの若い選手が試合に出ていましたし、がむしゃらに自分たちのスタイルを貫くところも面白いと思って見ていました。『たのしめてるか。』というクラブのモットーも、僕自身サッカーを楽しみたいと思っていたので、このチームなら成長できるんじゃないかと」

 1年目のシーズンとなった昨年、谷は6節の鹿島戦でリーグ戦デビューを果たし、25試合に出場。期限付きのため1年でガンバに戻るという選択肢もあったが、今年も湘南でプレーすることを決断し、背番号1を背負う。