2021.04.14

中村憲剛×佐藤寿人「日本サッカー向上委員会」。本音炸裂です

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

佐藤 ぽっかり穴が空くほど、考える時間なくないですか?

中村 そんなに忙しいの?

佐藤 家にいる時に自分の時間があんまりなくて。仕事の準備とかがあるので、現役の時のほうが、オフの時間は長かったですよ。

中村 仕事の準備って?

佐藤 指導の資料を作ったり、解説のために映像を見たり、ジムに行ったりして。家ではゆっくりできる時間のほうが多いんですか?

中村 日によるんだけど、ある日は、子どもを送り出して、妻と一緒に犬の散歩をして、そのあと一緒にカフェに行って、昼ご飯食べて、子どもたちが帰ってきてから仕事に行く。そんな感じかな。

 この立場になってからのほうが、現役の時よりも自由な時間を取ろうと思ったら、取れるよね。現役の時はたとえオフでも、どうしても管理下に置かれるから。

佐藤 クラブハウスは行ってないんですか?

中村 今のところほとんど行かないね。コロナ禍だから、そこまで寄りつけないし。育成のほうのサポートがメインかな。それもそこまで回数多くは行けなくて。クラブでの肩書はあるけど、外の活動もどんどんやっていいと許可ももらっている。

---- 引退したからこそ、やってみたいことはないですか?

中村 とくには、ないですね。今はとにかく、いただいた仕事を日々全力でやること。指導者ライセンスを取りにいきつつ、解説や普及、育成だったり、幅広くいろんな仕事をやりながら、時が経つにつれてやりたいことが決まっていくのかなと。「ここに向かっていく」というよりも、「どこに向かっていくのか」という感じです。

佐藤 僕も指導の現場もやりつつ、テレビの仕事もいただきながら、いろいろやっていこうという感じです。ただ、そのなかであらためて感じるのは、言葉として伝えることの難しさですね。解説でもいろんなサッカーを見て、的確に言葉として伝えないといけない。

 あと、今まで自分のサッカー観だけだったのが、いろんな監督の考え方を知ることができるので、発見も増えましたね。それを今後、現場に出た時に生かしていきたいです。