2021.02.04

増える「2世Jリーガー」。今季は初となる選手同士での親子対決も

  • 津金壱郎●文 text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO

 元日本代表で、昨シーズンはJ2のヴァンフォーレ甲府でプレーしたハーフナー・マイク(33歳)が、今シーズンから東海社会人リーグ2部のFC.Bomboneraでプレーすることになった。

 2006年に横浜F・マリノスでプロデビューし、甲府やヴィッセル神戸などの数多くのクラブやフィテッセ(オランダ)やコルドバ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)などの海外でもプレーした経験を、J昇格を目指すクラブで発揮していく。

今季J2山口に入団した18歳・新保海鈴の父親は?今季J2山口に入団した18歳・新保海鈴の父親は?  そのハーフナー・マイクといえば、Jリーグで初めての「日本人父子Jリーガー」であり、「兄弟Jリーガー」でもある。

 父のディド(63歳)はJSL時代にマツダや読売クラブでプレーし、Jリーグ発足後は名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)やジュビロ磐田、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプレーした。弟のニッキ(25歳)も2013年に名古屋でプロデビューし、現在はスイスのFCトゥーンでプレーを続けている。

 父がGK、兄がFW、弟がDFと、それぞれが違うポジションながらも、ハーフナー家が先鞭をつけた「Jリーグ父子鷹」の道を、その後も多くの父子が歩いている。

 父子Jリーガーにして、初めてJリーグで監督と選手として親子対決を実現させたのが、「アジアの大砲」こと高木琢也(53歳)と、その息子の高木利弥(28歳)だ。

 現役時代は長くサンフレッチェ広島に在籍し、日本代表として「ドーハの悲劇」も経験した父・琢也は、引退後は指導者として横浜FCやV・ファーレン長崎などを率い、昨シーズンまでは大宮アルディージャで監督を務めた。

 息子の利弥は大学卒業後の2015年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートし、ジェフユナイテッド市原・千葉、柏レイソルを経て、2019年から松本山雅FCでプレー。Jリーグでは希少な左利きの左SBとして、いぶし銀の働きを見せている。

 この高木親子の対決が実現したのは、2016年のJ2リーグ第40節。父が長崎の監督、息子が山形の選手として対戦した。