2021.02.02

柿谷曜一朗や齋藤学は蘇るか。J史に残る移籍で復活した名選手ベスト3

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 今季Jリーグ開幕を前に、現在、各クラブが長いシーズンを戦うためのチーム編成を整えている。

 もちろん、それぞれのクラブにそれぞれの事情があり、必ずしも順調に補強が進んでいるクラブばかりではないだろう。しかし、この冬の移籍市場は主力級の動きも活発で、概ね盛況の印象を受ける。

 なかでも積極的な動きを見せているのが、名古屋グランパスだ。各クラブからレギュラークラスを獲得し、AFCチャンピオンズリーグ出場に向けて選手層は厚みを増している。

 特に柿谷曜一朗(セレッソ大阪→)、齋藤学(川崎フロンターレ→)という元ワールドカップメンバーは昨季、持てる能力に比して思うような活躍ができなかっただけに、新天地での復活への期待と併せて、注目を集める存在となっている。

 実際、過去のJリーグを振り返ってみると、一時期出場機会を減らしたり、結果を残せなかったりしていた選手が、移籍をきっかけに再び才能を開花させる例は少なくない。

 その最たる成功例が、大久保嘉人だろう。

川崎フロンターレに移籍して3年連続得点王に輝いた大久保嘉人 セレッソ大阪に所属していた当時、大久保は2002年から3年連続でふた桁ゴールを記録(※2002年はJ2)。ジーコ監督時代の日本代表でもエースストライカー候補のひとりとして、ワールドカップアジア予選やコンフェデレーションズカップなどでプレーしている。

 だが、2007年から所属したヴィッセル神戸では、初めの2年こそふた桁ゴールを挙げたが、2009年から4年間はひと桁止まり。神戸での最終年となった2012年はわずか4ゴールに終わっていた。