2020.12.17

カズの記録更新より「積み上げ」を見せつけた宮本ガンバの真骨頂

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 12月16日、ニッパツ三ツ沢球技場。試合前のウォーミングアップでは、寒空の下でボールを蹴るキングカズこと三浦知良(横浜FC)に注目は集まっていた。先発は外れたものの、途中出場が有力視され、自身が持つJ1最年長出場記録(53歳9カ月20日)の更新に期待が高まった。

 カズは顔を上気させ、楽しげにリフティングをした後、最後の一蹴りとばかり、右手を上げ、人差し指で「一本」と合図した。ポストをひとり立たせ、リターンを右足でゴール左隅を狙ってシュート。地を這うような一撃はコースを突いていたが、GKに防がれてしまった。

 後半37分、カズは19歳の斉藤光毅と交代で出場した。それは快挙と言えるだろう。

 しかし、この試合で積み上げたサッカーを見せつけたのは、0-2で勝利を収めたアウェーのガンバ大阪である。

 ガンバは、最終節を前に2020年シーズンの2位を確定させている。戦術的に鍛え上げ、総合力で勝ち取った成果と言える。横浜FC戦、キックオフ直後の先制点は、今シーズンの戦いを象徴していた。

横浜FC戦の前半1分、先制ゴールを決めた倉田秋(ガンバ大阪)横浜FC戦の前半1分、先制ゴールを決めた倉田秋(ガンバ大阪)  まずは、前線から激しくボールを追う。相手センターバックが蹴ったロングパスを、左サイドの倉田秋が下がってカット。これをボランチの山本悠樹が素早くFWパトリックの足元に縦パスをつける。パトリックはダイレクトで左サイドへ叩き、流れていたFW渡邉千真が中央に折り返す。走り込んで受けた倉田がパトリックに出したパスは合わなかったが、流れたボールを右から突っ込んだ矢島慎也が右足でシュート。GKにブロックされたが、こぼれ球を倉田が押し込んだ。

 前線からチーム全体でプレッシングを行ない、ボールに対して鋭い反応をし、奪ったら電光石火でゴールに迫り、各自がポジションをとってセカンドボールから波状攻撃を行なう。チームとしての練度の高さがよく出ていた。全員の集中力が高かったし、確信があるのだろう。

「先制点は今シーズン、とても多かった形で。あれは11人全員でやらないとはまらない。(宮本恒靖)監督が求めていることを、全員が同じようにやれるようになった結果だと思います。守備の強度の高さは、出し続けられたんじゃないか、と」(G大阪・東口順昭)