2020.07.24

中村航輔がビッグセーブ連発。
柏の守護神争いはJリーグトップレベル

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

◆「大物カレッカがレイソルに来た理由」はこちら>>>

「出場機会に飢えていた選手たちがしっかりとパーソナリティを出して、いいテンポでゲームに入ってくれた」

 前節の湘南ベルマーレ戦で、ネルシーニョ監督はこれまでに出場機会の少なかった選手たちをスタメンに抜擢した。すると、起用に応えた彼らの活躍で3−2と勝利を収め、連敗を3でストップしている。

浦和レッズ戦でハイパフォーマンスを見せた中村航輔 それから中3日で迎えた第6節の浦和レッズ戦。ハードスケジュールを考慮すれば再度、選手の入れ替えが考えられたが、指揮官は先発にまったく同じメンバーを選択した。コンディションよりも、勢いを買ったというわけだ。

 もっともその勢いは、浦和の前に沈黙した。相手の縦に速い攻撃に手こずると、敏捷性に長けた武藤雄樹とレオナルドの2トップに、やすやすとバイタルエリアへの侵入を許してしまう。開始3分に武藤にあわやというシュートを見舞われると、6分、8分、15分と、立て続けに危ないシーンを迎えた。

 防戦一方の展開を余儀なくされるなか、チームに活力を注入したのはGK中村航輔だった。22分、フリーのファブリシオがエリア内から放ったシュートを、驚異的な反応でストップ。このビッグセーブが流れを変えるターニングポイントとなったのだ。

 この中村も"出場機会に飢えていた選手"のひとりである。

 日本代表にも名を連ねる25歳のGKは、しかし、開幕前の負傷で出遅れた。リーグ再開後に復帰したものの、代わって正GKを務めていた新加入のキム・スンギュの牙城を崩せないでいた。

 キム・スンギュは今年30歳を迎える現役韓国代表の実力者だ。

 2016年に蔚山現代からヴィッセル神戸に加入した長身GKは、3シーズン半に渡って守護神として活躍した。超人的なセービング能力だけでなく、正確なキックも持ちあわせ、攻撃の起点としても機能。2013年から名を連ねる韓国代表では通算43試合に出場し、2014年、2018年と2度のワールドカップも経験している。