2020.07.26

ジーコが緊急来日前に決意を激白
「いまアントラーズに伝えたいこと」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

「J1全順位をあらためて予想」はこちら>>

 先週の半ば、私の携帯が鳴った。相手はジーコ。私は急いで電話に出た。

「リカルド、すまないが、週末に会うことはできなくなった。ユニホームは送るから住所を教えてくれ」

 私はジーコやその他数人の選手とともに、コロナ禍で苦しむ人々のためにチャリティオークションを企画しており、ジーコからも数枚のユニホームを供出してもらう話になっていた。

 会えない理由を彼はこう説明した。

「実は鹿島から、すぐに帰ってきてもらいたいという連絡を受けたんだ。この週末には日本に発つことになった」

 ジーコはJリーグのオフシーズンにブラジルに帰ると、パンデミックのため、そのままリオの家に滞在を続けていた。Jリーグ再開にあわせ帰国しようとしていたが、今の時期、国をまたいでの移動は難しく、日本行きは実現しないままだった。それでも、ジーコは地球の裏側からチームをできる限りサポートしていたという。

テクニカルディレクター・ジーコの目に現在の鹿島アントラーズはどう映っているのか photo by Sano Miki「私は毎日、チームの様子の報告を受け、幹部やテクニカルスタッフとのオンライン会議にもできる限り参加していた。練習試合の動画も送られてきたので、チームの状態を確かめることもできた。誰がプレーし、誰がしていないか、誰がすでにレギュラーとしてプレーできる準備ができているか、などもよくわかった」

 こうした日々の報告を通じて、ジーコは改めてあることに気がついたという。

「前からわかっていたことではあったが、今回のことで、我々のチームはスタッフ誰もが真のプロフェッショナルであることを確認した。みんな高い専門性をもっていて、それぞれの観点から的確な報告をあげてくれた」

 ただ、それでも離れた場所からできることには限界があったとジーコは言う。

「チームの様子はわかったが、やはり物理的距離は大きな障害だった。時差もあり、私の声はダイレクトには届かない。もどかしかった」

 やはりチームのそばにいることが一番重要であるとジーコが感じていた矢先に、鹿島から戻ってきてほしいという連絡がきたというわけだ。先週の始めといえば、ちょうど浦和レッズ戦で鹿島がリーグ戦4連敗を喫したあとである。やはりそれが関係あるのだろうか?