2020.07.09

今季「特別ルール」が後押しか。
若手台頭で勢いある横浜FCが侮れない

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • ヤナガワゴー!●撮影 photo by Yanagawa Go

 観客のいないスタジアムには、ピッチ上の選手の声がよく響く。

「コウキ、狙っていけよ!」

 前線の小柄な背番号23が、軽く右手を挙げてこれに応えると、ほどなく記念すべきゴールは生まれた。

先制ゴールを決めた斉藤光毅 J1第3節、横浜FCは敵地で柏レイソルを3-1と下し、J1昇格後の初勝利を手にした。試合を動かす先制点を挙げたのは、18歳のFW斉藤光毅。16歳だった一昨季の7月にJ2でデビューを果たし、昨季までに通算6ゴールを決めてはいたが、これが彼にとってのJ1初ゴールである。

 あどけない顔に笑みを浮かべ、斉藤光が振り返る。

「チームとしてショートカウンターを(狙って)やってきたなかで、それがうまくいき、マツさん(MF松浦拓弥)からシュートを打ちやすいボールが来た。マツさんに感謝です」

 記念のゴールが生まれたのは、前半21分。敵陣で相手ボランチが拾ったボールを、MF瀬古樹が死角から近づいて突き、こぼれたところを松浦がワンタッチで縦へ。いち早くDFラインの裏へ走り出していた斉藤光が、これを左足でゴール右スミへ蹴り込んだ。

 瀬古、松浦、斉藤光と、3選手がすべてワンタッチでシンプルにゴールへと向かった、まさにダイレクトプレーのお手本のような速攻だった。