2020.07.06

レイソル「怪物不在」で勢い激減。
ネルシーニョが描く今後のビジョンは

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao


 ボールを持てば単騎で敵陣に乗り込み、チャンスと見れば、たとえ遠くからでも強烈な一撃を見舞っていく。開幕戦でも2アシストを記録したこの強烈なアタッカーの不在が、柏の攻撃に停滞感を招いた。

 代わってピッチに立ったマテウス・サヴィオは、力強さと技術は備わるものの、推進力では物足りない。

「クリス(クリスティアーノ)にはクリス、サヴィオにはサヴィオのよさがある。サヴィオは裏に抜けるより、足もとで受けるタイプ。そこで起点を作りながら、相手陣地深くまで進行していければという狙いがあった」

 CBの染谷悠太が言うように、個人の特徴が異なれば、チームとしての狙いも変わってくる。その分、サイドでの連動は生まれたものの、手数がかかったことで、FC東京の守備網を打ち破るには至らなかった。

 また、もうひとりの怪物、オルンガの不調も響いた。

 開幕戦では2ゴール・1アシストと強烈なインパクトを放ったが、この日は二度の決定機をふいにするなど、そのパフォーマンスは低調そのもの。FC東京のCBコンビの前に、力を発揮できなかった。