2020.07.02

【THIS IS MY CLUB】中村憲剛はタイトルが獲れない原因は「自分だな」と思っていた

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

川崎フロンターレ 中村憲剛インタビュー 前編  後編はこちら>>

「DAZN Jリーグ推進委員会」のスポーツ・サッカーメディア連動企画である「THIS IS MY CLUB-FOR RESTART WITH LOVE-」。Jリーグ再開にあたって、各クラブの選手、スタッフをインタビューする。スポルティーバでは、川崎フロンターレで在籍18年目を迎えている中村憲剛選手に、これまでのキャリアを振り返って印象的な出来事と、クラブへの思いについて語ってもらった。

◆ ◆ ◆

中村憲剛が川崎フロンターレでの17年間を振り返った――7月4日からJ1が再開します。中村選手は復帰に向けてリハビリ中ですが、再開が決まった今、どんな心境ですか?

「活動自粛期間中のことを考えれば、ここまで早く再開される日を迎えられるとは思っていませんでした。この決定を得られたのも、医療従事者のみなさんをはじめ、僕らが円滑に日常生活を送れるようにと働いてくれている方たちを含め、多くの方々の努力があってこそ。本当に感謝しかないです。

 極論を言えば、サッカーをはじめとするスポーツやエンターテインメントは、こうした有事において、なくてもいいもの。それにもかかわらず、多くの人たちから『待っている』という声を届けてもらった。僕自身も毎週、こんなにも味気ない週末を迎えるとは思っていなかったですし、サッカーも含めたスポーツというものが、人の心を豊かにできる存在だと、改めて実感しました。そうしたものを含めて、自分の生活は形づくられていたんだなと。だから、こうしてJリーグが再開できるのは大変うれしく思います」

――今回、「THIS IS MY CLUB」というテーマで在籍最長の中村選手に話を聞かせてもらいたいのですが、在籍17年間でとくに印象深い出来事を挙げてもらえればと思います。

「(在籍年数が)長くなればなるほど難しいですね。分母が増えていくので余計に。しかも、振り返ってみると、あまりにもいろいろなことが起こりすぎて(笑)」