2020.05.09

2006年の浦和レッズ、戦力充実で
必然の優勝。ダイナミズムが魅力だった

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

Jリーグ27年からチョイス!
『私のベストチーム』
第3回:2006年の浦和レッズ

 2006年の浦和レッズのリーグ初優勝は必然だったと言える。

 古くからのサッカーどころに生まれたJクラブは、その5年前に日本一のサッカー専用スタジアムを手にし、国内随一のビッグクラブへと歩みを進めていた。

Jリーグ初制覇を遂げた、2006年の浦和レッズ。満員のホームも印象的だった 01年と02年の二桁順位から、6位(03年)、2位(04年)、2位(05年)と着実に浮上。チーム力の向上とともにファンの数も増し、リーグ戦のホーム平均入場者数も04年に3万人を超え、翌年には3万9357人と4万人に迫っていた(埼玉スタジアムでの試合数が異なるので、一概には比較できないが)。

 大勢のサポーターに支えられるクラブは営業収入でも他の追随を許さず、前年の05年には次点の横浜F・マリノスに10億円ほどの差をつける約58億円を計上した。

 オフにはフェイエノールトから小野伸二、東京ヴェルディからワシントンと相馬崇人ら、即戦力を補強(その半年前にはロブソン・ポンテも加入)。人気と資本力で群を抜くレッズが、初のリーグ優勝を果たすべき時が訪れていた。