2020.05.05

Jリーグ得点王に輝きながら、
ベスト11に選ばれなかった選手とは?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Katsuro Okazawa/AFLO

ベスト11に見るJリーグの歴史(1)
1990年代編

 Jリーグの歴代ベスト11に関して、まずはクイズから始めたい。

 クイズの答えは、本文の中に出てくるので、頭の中で記憶の糸をたどりつつ、順に読み進めてもらうことをオススメしたい。

Q1:1シーズンで最も多くの選手がベスト11に選ばれたのは、何年のどこのクラブか?

Q2:複数のポジションでベスト11に選出されたことのある選手をすべて挙げよ。

Q3:1994年のベスト11で最も多くの選手が選ばれたのは、優勝したヴェルディ川崎。では、2番目に多かったクラブは?

Q4:過去、得点王を獲得しながら、ベスト11に選ばれなかった選手がいる。○か、×か。

Q5:外国人選手の中で、ベスト11に選ばれた回数が一番多い選手は?

Q6:Jリーグ史上初の1シーズン制で行なわれた1996年に、最も多くの選手がベスト11に選ばれたクラブは?

Q7:高卒ルーキーでベスト11に選ばれた選手をすべて挙げよ。

 Jリーグが誕生した最初のシーズン、すなわち1993年のベスト11は、27年後の現在見ても、しっくりくるというか、何とも腑に落ちる顔ぶれがそろっている。

◆1993年のベスト11(※その年のチーム名で表記。以下同)
【GK】松永成立(横浜マリノス)
【DF】ペレイラ、柱谷哲二(以上、ヴェルディ川崎)、大野俊三(鹿島アントラーズ)、井原正己(横浜M)、堀池巧(清水エスパルス)
【MF】ラモス瑠偉(V川崎)、本田泰人、サントス(以上、鹿島)
【FW】三浦知良(V川崎)、ラモン・ディアス(横浜M)