2020.03.13

手練れの業師、石原直樹。古巣・湘南に
復帰のベテランが伝えたい経験

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

2020年シーズン開幕で見つけた
今季要注目のJリーガー(4)
石原直樹(湘南ベルマーレ/FW)

 12年ぶりに古巣に復帰したベテランFWが、今季の湘南ベルマーレの鍵を握るかもしれない。

12年ぶりの復帰となった古巣・湘南での活躍が期待される石原直樹 石原直樹、現在35歳。高卒後の2003年に湘南に加入し、J2で6シーズンを過ごしたあと、大宮アルディージャ、サンフレッチェ広島、浦和レッズ、ベガルタ仙台と、J1のクラブを渡り歩いた。

 その間、3シーズンで二ケタ得点を記録するなど、J1通算279試合65得点をマーク(J2通算143試合41得点)。2012年と2013年には広島のJ1連覇に貢献し、2015年と2016年には浦和でステージ優勝を果たしている。

 チーム随一の経験と実績を備えるストライカーは今季開幕戦に先発し、さっそく持ち前の高い決定力を披露した。こちらもかつての所属先である浦和との一戦の開始7分、左サイドの鈴木冬一からの鋭いクロスを頭で合わせて先制点を奪っている。

「浦和の守備陣は強いけど、いいボールがあがれば、(マークは)外れるので。あれは狙っていました」と手練れの業師は悠然とした表情で、今季Jリーグの記念すべき初ゴールを振り返った。