2019.02.21

リージョ神戸は難解なサッカー回路に挑む。
「しょうがない」は禁句

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

「おい、ところで訊いてみたいことがあったんだ」

 ヴィッセル神戸の指揮官であるフアン・マヌエル(ファンマ)・リージョは、おもむろに言った。

「日本のボールペンは、なんでこんなに性能がいいんだ? スペインでも高級な店で手に入れたら、それなりのものはある。でも、日本はどのボールペンを使っても、インクが出ないなんてことはないし、滑らかで使い心地がいい。いったい、どうやったらこんなことが可能なんだ?」

 リージョは真剣な顔つきで言った。

 好奇心が強く、感受性も鋭い。しかし、論理的な人間にありがちなひ弱さはなく、剛直で人間味が旺盛だ。一方、天才にありがちな偏執さ、許容できない一点というのはあるのだろうか。

 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)からも支持を受ける名将リージョは、2年目の指揮となる神戸をどこに導くのか。

ヴィッセル神戸を率いて2季目となるフアン・マヌエル・リージョ監督(右)「Jリーグ優勝を真剣に狙えるチームで挑みたい」

 昨シーズン終盤、リージョは野心的に語っていた。当然ながら補強は不可欠だった。

 補強の目玉と言えるのが、元スペイン代表FWダビド・ビジャだろう。その得点力は、37歳になっても衰えていない。Jリーグを見渡しても、実績、実力は比類なし。サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスですら霞むほどだ。

 このオフ、神戸は他にも積極的な補強に動いた。ロシアW杯に出場したMF山口蛍の他に、日本代表に招集経験のある右SB西大伍、左SB初瀬亮の2人も獲得。さらに、ポルトガル1部リーグ、ヴィトーリアでプレーするブラジル人CBダンクレルの獲得が内定している。