2019.01.02

ジュビロ名波監督が明かす、
川崎戦のあとの「尋常じゃない1週間」

  • 原田大輔●取材・構成 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

ジュビロ磐田
名波浩監督インタビュー(1)

 J1最終節を前にして勝ち点41を挙げていたジュビロ磐田は、ほぼJ1残留を手中に収めていた。迎えた最終節の川崎フロンターレ戦も、後半33分にFW大久保嘉人が先制点をゲット。残留確定まで目前だった。

 ところが、後半38分にセットプレーから失点すると、試合終了間際に逆転弾を浴びて1-2と敗戦。その結果、13位だった順位が一気に16位まで転落し、J1参入プレーオフへ向かうことになった。

 磐田の指揮官である名波浩監督は、その予期せぬ展開に何を思い、何を考えていたのか。J1最終節を終えてからJ1参入プレーオフ決定戦に臨むまでの1週間と、東京ヴェルディと対戦した同ゲームについて振り返ってもらった――。

J1最終節、川崎Fに敗れてがっくりと膝をつく磐田の名波監督――2018年シーズンを総括してもらう前に、まずはJ1最終節(12月1日)の話から聞かせてください。川崎フロンターレに1-2で敗れて16位となり、J1参入プレーオフ決定戦に回ることになりました。川崎に敗れたあとの心境というのは、どんな感じだったのでしょうか。

「この1年の総括としては、あの川崎戦にすべてが凝縮されていると思うんだけど、負けたあとの、あの1週間の苦しさっていうのは、それはもう尋常じゃなかったね……。J1参入プレーオフ決定戦の試合後の会見でも言ったけど、(2014年J1昇格プレーオフの準決勝で)モンテディオ山形のGK山岸(範宏)にゴールを決められて負けたときの、そこで受けたショックの比じゃないから……。