2018.07.30

40歳の明神智和が言う「J3の
舞台でも、学べるし、成長もできる」

  • 高村美砂●取材・文 text&photo by Takamura Misa

ベテランJリーガーの決断
~彼らはなぜ「現役」にこだわるのか
第4回:明神智和(AC長野パルセイロ)/前編

 日本中が熱狂につつまれたW杯ロシア大会。16年前、2002年の日韓大会に日本代表の一員として出場し、チームを率いるフィリップ・トルシエ監督をして「3人の個性派と8人の”明神”がいれば、チームは勝てる」と言わしめた明神智和は、その戦いを1サッカーファンとして静かに見ていた。

 聞けば、大会前こそ、W杯に関する取材を受けて過去が蘇(よみがえ)ることもあったらしいが、それがなければ、当時を思い出すことは「ほぼない」という。理由は「あえて思い出さなくても、必要なことは経験値として、自分(の中)に蓄積されているはずだから」。

 1996年にプロとしてのキャリアをスタートして23年。現に、明神の中には多くの経験値が財産として刻まれているからこそ、今も戦いを続けている――。

J3のAC長野パルセイロでプレーしている明神智和 取材は、W杯ロシア大会に関する質問で始まった。というのも、今大会に出場する日本代表は、柏レイソル時代に3年半、ガンバ大阪時代には6年にわたって、ともに仕事をしてきた恩師、西野朗氏が率いていたこと。また、2002年には自身も日本代表としてその舞台を経験しているなかで、今回の日本代表の戦いが彼の目にどう映っていたのか、知りたかったからだ。

「正直に言っていいですか?」と前置きしたあと、明神からはこんな言葉が投げ返された。