2018.07.23

Jデビュー戦で確信。イニエスタが
日本にもたらす「効果」は絶大

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 J1リーグ第17節。アンドレス・イニエスタヴィッセル神戸)とフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)が、いずれも日本デビューを果たした。

 2人のJ加入が特別なのは、ここ数年の流れであれば、中東か中国、アメリカに流れていたはずのキャリアにあるからだろう。たとえ日本を選んだ理由が何であろうと、日本のサッカー界にとって大きな意味を持つ。そして現役のJリーガーにとっては、「握手をしたとき、手を洗いたくないと思った」「ロッカーで出待ちをして写真をせがんだ」とこっそり明かしてくれるような、憧れの存在そのものだ。

 とくにイニエスタは、ついこの先日までスペイン代表でロシアW杯を戦ったばかり。あのバルセロナから一度も出たことのない男が、初めて選んだ他のクラブが日本の神戸だったというのは、なんとも”ありがたいこと”としか言いようがない。

湘南ベルマーレ戦でJリーグデビューを果たしたアンドレス・イニエスタ 7月22日、神戸対湘南ベルマーレが行なわれたノエビアスタジアム神戸は、そんなイニエスタへの期待感でいっぱいだった。

 神戸の広報担当者の発表によれば、入場者数は今季最多の26146人、取材に訪れた報道陣は60社148人。名前入りのTシャツは、SMLの全サイズがすべて完売という異例の売れ行きだったという。

 そのイニエスタが登場したのは59分のこと。ピッチに入っただけで大声援、ワンタッチするごとに大歓声、スルーパスを出せばさらに大絶叫と、観客は興奮のるつぼと化した。もっとも、試合そのものは湘南が0-3で勝利を収めている。0-2とリードされてからの投入はいかにもタイミングが悪く、イニエスタが効果的な仕事をすることはできなかった。