2018.06.16

鹿島・鈴木優磨のプロ意識。
いいプレーのため、私生活で幸運を集める

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子 ~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(16) 
鈴木優磨 後編

前編から読む>>

今季はリーグ戦、ACL全試合に出場している鈴木優磨 快勝した天皇杯2回戦の翌日から1週間のオフをとったチームは、6月14日から練習をスタートした。6月11日にはU-19日本代表ロシア遠征のメンバーに安部裕葵(ひろき)が選出される。背番号は10番。W杯日本代表戦を視察するほか、地元クラブとの親善試合、そして、A代表のトレーニングパートナーなど、新しい体験をすることになるだろう。

 7月11日の天皇杯3回戦、町田ゼルビアとの一戦まで約1カ月のインターバルをいかに有効に使えるか? タイトル獲得のカギとなるかもしれない。

 *    *     *

 2016年シーズン。チャンピオンズシップ決勝戦第2戦、途中出場してPKを獲得し、リーグ優勝をもたらした鈴木優磨。続いて出場したFIFAクラブワールドカップでも、準決勝のアトレティコ・ナシオナル戦でゴールを決めると、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドをまねたパフォーマンスで世界からの注目も集めた。そして、世界一を決める大会のファイナリストとなったが、一度は逆転してリードを奪うも、延長戦に入って本家ロナウドの2得点で突き放され、世界の壁を味わった。

 2017-2018シーズン、UEFAチャンピオンズリーグで史上初の3連覇を飾ったレアル・マドリードも出場するクラブワールドカップへの出場権を賭けたACLも控えている。今季、チームの主軸へと躍進している鈴木の活躍にも期待が集まる。

――リーグデビュー戦でゴールを決めました。

「確かにそうですけど、そこまでの半年間は本当に苦しかったんです。デビュー戦のゴールだけにスポットライトが当たっているんですけど(笑)。

トップチームに昇格したものの、序列的には一番下だったんです。紅白戦でひとり余るときは、必ず僕が外に出ていたし。なかなか使ってもらえなかった。紅白戦ですらそういう状況だったので、公式戦なんてほとんど縁がなくて。ACLもある過密日程のなかでも、フィールドプレーヤーで僕だけがベンチ入りもできなかったから」